ゲーム

違法カジノ合法カジノ違いは何?パチンコが合法の理由は?

違法カジノ合法カジノ違いは何?パチンコはが合法の理由は?
Pocket

海外旅行で「カジノをしてきた」やスマホで「オンラインカジノ(オンカジ)をしている」と聞いたことはありませんか?

日本の法律では金品を賭けた勝負(賭博)は禁止されているのに、パチンコや競馬などはなぜできるのでしょう?

実はお金を賭けたギャンブルは、競馬のように国で認められているものやパチンコのように法律を上手くかいくぐっているものがあるんです。

実際に国がカジノ施設を作ろうとしていますし、お金を賭けたオンラインカジノも流行ってきています。

この記事を読めば違法カジノと合法カジノの違いがわかり、パチンコなどが違法ではない理由もわかります。

また、話題になっているカジノ法案(IR推進法)によってカジノやパチンコの解釈に影響があるかどうかも解説していきます。

合法カジノと違法カジノの違いを理解して安心して遊べるようにしていきましょう!

 

違法カジノと合法カジノの違いは何?

違法カジノと合法カジノの違いは「金品を賭けているか」、「どこで運営しているか」でわかります。

まずはどのような場合に違法になるのか、わかりやすく解説していきますね!

 

賭博罪

 

賭博罪(とばくざい)

偶然の勝負に関し、財物を賭ける罪。刑法第185条が禁じ、50万円以下の罰金または科料に処せられる。単純賭博罪。
[補説]関連する罪に、常習賭博罪、賭博場開張等図利罪、富くじ発売等罪などがある。競馬・競輪・競艇などは、それぞれ競馬法・自転車競技法・モーターボート競走法などで認められた賭博なので、刑法第35条の正当行為となり本罪にはあたらない。また、飲食物やその代金などを賭ける程度の場合は罪とならない。

※出典:デジタル大辞泉

簡単に言うと、サイコロやルーレットなどのように偶然で勝敗がつくゲームで金品を得たり失ったりすることが賭博罪にあたります。

ちなみにジュースやご飯代など「負けたらおごりね!」というような一時的な利益のものは賭博罪にはあたりません。

また、宝くじ、競馬、競輪、競艇などはそれぞれ別に法が定められ、国に認められている賭博になります。

 

賭博罪は国内のみ適用

賭博罪は国内での適用なので、海外でカジノなどをしても罪にはなりません。

また、共犯者(運営者)がいて罪が成立するので運営者を先に逮捕しないと利用者は逮捕されません。

そのため、運営者が海外にいる場合は違法性はないのです。

したがって海外で運営するオンラインカジノなどは日本でプレイしても違法ではないということになります。

賭博罪についてまとめるとこんな感じです。

  • 金品を賭けて偶然で決まる勝負をするアウト
  • 国内のみの適用
  • 共犯者(運営者)がいて成立する

 

違法カジノ

それでは実際に違法となるカジノはどんなものがあるか解説していきます。

違法カジノは、金品を賭けていて、運営者が国内であることです。

例えば以下のようなものになります。

  • 闇カジノ:店舗型カジノ
  • インターネットカジノ:店舗でオンラインカジノをする
  • オンラインカジノ:運営者が国内のオンラインカジノ

 

違法ではないカジノ

「違法ではないカジノ」はいわゆるグレーゾーンで、違法ではないものの…といった感じです。

しかしパチンコもここに該当するので普通に遊べますし「安全なカジノ」という具合ですね。

金品を賭けていても、運営者が海外である場合は違法にはなりません。

具体的には以下のようなものです。

  • 海外カジノ:海外にある店舗型カジノ
  • オンラインカジノ:運営者が海外のオンラインカジノ

ツイートにもあるようにベラジョンカジノ・遊雅堂・ミスティーノカジノなどは海外運営のオンラインカジノなので、安全に遊ぶことができますよ!

 

 

合法カジノ

運営者が国内であっても、金品を賭けていないカジノです。

例えばアミューズメントカジノなどがあります。

飲みながらカジノを楽しむバーのようなところがあるので、気になる方は近くのお店を探してみてください!

 

パチンコが合法の理由は?

パチンコ店を利用したことがある方ならわかると思いますが、遊戯後にメダルや玉をお店で集計してもらった後、景品や札などのようなものをもらいます。

メダルや玉と景品を交換するのは風俗営業法(風営法)で認められているので合法です。

パチンコでは現金や有価証券ではなく賞品を景品として出すことが風俗営業法で認められているため、刑法第35条の「法令又は正当な業務による行為」として刑事罰の対象にはならない。

※出典:Wikipedia

ちなみに風俗営業法が適用されないカジノは景品交換などを行ったらアウトです。

パチンコ店は景品交換ができることから、三店方式と呼ばれる方法で賭博罪にあたらないようにしています。

 

三店方式

違法カジノ合法カジノ違いは何?パチンコはが合法の理由は?

三店方式とは、パチンコ店と利用者が直接現金のやり取りをせずに景品交換所という第三者を挟んで現金化を行うものです。

お店側(運営者)と利用者が景品ではなくお金の交換をすると違法になってしまいます。

そのため、賭け事のやり取りをしていない景品交換所(第三者)を挟んでお金に変えると賭博罪にはなりません。

パチンコが違法にならない理由は、お店・景品交換所・利用者の三店方式で金品のやり取りを行っているからです。

 

IR法案でカジノはどうなる?

「IR法」や「カジノ法」を聞いたことはありませんか?

IR法とは統合型リゾート整備推進法の略です。

カジノ施設を中心にホテルや商業施設などを含む「統合型リゾート」を作り、観光や経済の活性化のためにリゾート施設に併設されるカジノのみ賭博にあたらないようにしようとしています。

この法案はすでに可決していますが、これによりカジノやパチンコが合法になるのか、違法になるのか解説していきます。

 

カジノ施設

IR法は国が認めた施設(3か所までと決められている)のみ適応されています。

つまり国が認めた統合型リゾート地のカジノは適法ということになります。

すでにある国内の闇カジノ・インターネットカジノ・オンラインカジノ(国内運営)は違法のままです。

 

オンラインカジノ

運営者が国内のオンラインカジノも国が認める施設には該当しないので違法のままです。

オンラインカジノもIR法の可決によって直接的な影響はないということになります。

 

パチンコ

大阪市議会の話ですが、IRの推進により「ギャンブルに関する法案」でパチンコにも言及されました。

現在パチンコは「遊技」と位置付けられていますがここで初めて「ギャンブル」として認定したと世間から注目を集めました。

しかし今のところ違法とはならず、現状変わりません。

 

まとめ

違法カジノと合法カジノの違いは2つで見分けることができます。

  • 金品をかけているか否か
  • 運営者が国内か海外か

運営側と利用者の間で金品を賭けていない賭け事は合法、金品を賭けて運営者が国内の場合は違法です

違法カジノと合法カジノをまとめると以下のようになります。

違法カジノ

国内運営)

  • カジノ施設(闇カジノ)
  • 店舗型オンラインカジノ
  • オンラインカジノ
違法ではない

海外運営)

  • カジノ施設(海外カジノ)
  • オンラインカジノ
合法カジノ
  • アミューズメントカジノ

また、金品を賭けているように見えるパチンコは、風営法により景品交換は許されています。

実際にパチンコ店と利用者が現金のやり取りはしておらず、景品交換所(第三者)を介しているため違法ではないということになります。

最近ではコロナ禍での巣ごもり需要で海外運営のオンラインカジノの人気が出て、様々なオンラインカジノが出てきました。

海外運営のカジノは国内で遊んでも違法ではないので、違いをしっかり理解し、使い過ぎに注意して楽しんでくださいね!