しなより。

織をする前に すること。

それは 『しなより』です。

しなよりとは、糸ぐるまで しな糸を撚る作業のことです。糸をよることで 安定した布を織ることができるのでした。

そして 今週は、しなよりをしています。

輪になって、みんなで 一機分の しな糸を 撚る作業は、

今も昔も 変わらないことです。

暖かそうな様子の中、外では 雪がちらちらと・・・。

昨日は 暖かだったのに、今日は 雪景色です。